ベンツGクラスの魅力とは?モテる?愛用芸能人や使われた映画も

ベンツGクラス

メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)のGクラスといえば、4WDで角張っていて、いかにも芸能人が乗ってそうな車ですよね。

「ゲレンデ」とも言われていますが、ドイツ語でオフローダーを意味する、「ゲレンデヴァーゲン」(Geländewagen)のことみたいですね。
そのゲレンデヴァーゲンの頭文字をとってGクラスとなっています。

今回はモテると噂?のGクラスの魅力や愛用している芸能人、映画に登場した作品も調べてみました。

ベンツGクラスの魅力とは?

軍用車を出自に持つ

もともとGクラスはNATO(北大西洋条約機構)から依頼を受けて開発された車なんです。
つまり、軍用車両だったんです。性能が良すぎて市販化のリクエストがあった為民生用にアレンジしたものが今のGクラスの源流となっています。
軍用車であったことが非常に大きな魅力を放っています。

このボディはもともと西側諸国の軍用車として使われていた構造で、とにかく頑丈でタフで当時のベンツによくあった過剰品質の極みです。

現在の無駄を省くことが正解の、効率的な設計からは出せないオーラ又は迫力が、ゲレンデの最大の魅力なんです。
セレブ用の駐車場に止まっているゲレンデをみたことがありますが、他メーカーの最新型を含めたどの車と比べても、存在感がありました。

ゲレンデは、あの車にしかないものがあるから今でも選ばれているんです。

引用:Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12133134162

軍用車を出自に持つゆえんか、あの存在感はどの車も持ち合わせていないですよね。
SUVなのにスポーツカーのような唯一無二の存在感です。

変わらない

Gクラスは何十年もの間ほとんど見た目が変わっていないんです。
エンジンとインテリアを除く基本部分については当初の設計のままで発売当初から基本コンポーネントは変わっていないそう。
直線的なデザインは防弾処理を施しやすい為であり、平らな窓ガラスは交換が容易だからという理由からだそうです。
今時、フルモデルチェンジが一定周期でありますが、このGクラスはその点においても希有な存在です。
変更する必要の無い完成された形。これがたくさんの人を魅了する要素の一つです。

形でしょうね。それしか無いと思います。四駆では理想形なんです。ランクル?パジェロ?足元にも及びません。走破性能軟性が違い過ぎます。

引用:Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12133134162

私はランクル100、200を持っていますが、残念ながら、存在感と言うか質感と言うか、車そのものの魅力では、Gの足元にも及ばないと思います。

引用:Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12133134162

 
鳥の声。

とりさん1
Gクラスってやべぇじゃん
とりさん2
ここまでとはな

 
もっと知りたい方はこれを↓

ベンツGクラスはモテる?

まず一般的にSUV自体がモテると言われています。
あの男らしい感じや広い室内が女性に人気なのだとか。
この時点でアドバンテージ。

そして・・・
 

GクラスとレクサスLXのモテ対決という記事がありました。
※日刊SPA! https://nikkan-spa.jp/1131581

Gクラスは“六本木の帝王”とも呼ばれているそうで、「無敵のモテグルマとして頂点に君臨している」とのことです。
LXはレクサスから販売されている大型SUVです。

で対決の結果なんですが、引き分けでした。

内装は、Gクラス11票、レクサスLX9票
見た目は、Gクラス9票、レクサスLX11票
総合は、Gクラス10票、レクサスLX10票

対象者は、扶桑社に出入りしている女子20名で、年齢は23~30歳ぽいです。

 

続いてNEWSポストセブンでも

クルマの知識が乏しい美女でも99%知っていて、しかも無敵の支持率を誇るクルマといえば“ベンツの四角いジープみたいなの”。正式名称「メルセデスベンツ・Gクラス」だ。

とある。
そして、

とある美女は、「Gクラスに乗ってる人は、『誘って来るかな?』と予感させるのよね」とのたまった。

Gクラスであるだけでそんな予感を与えるそうです。
引用:http://www.news-postseven.com/archives/20150627_331304.html
 

Gクラスで安全運転をすればモテるという記事もありました。

確かにあのゴツい見た目で横断歩道前でちゃんと停止し、歩行者を優先したりという安全運転はすごいギャップになるんじゃないかと思いました。
プリウスで同じことをするより効果はありそうです。

といろいろとありますが、不動のモテ車ということで間違いなさそうです。

ベンツGクラスを愛用している芸能人

やはりGクラスはかなりの数の芸能人が使用しているみたいです。

Gクラスを所有している(していた)と言われる芸能人を調べてまとめてみました。

タモリさん
明石家さんまさん
木村拓哉さん
滝沢秀明さん
赤西仁さん
二宮和成さん
東幹久さん
つんく♂さん
有吉弘行さん
岩尾望さん
田中将大さん
市川海老蔵さん
高島礼子さん
高岡早紀さん
椎名林檎さん
aikoさん

タモリさんとaikoさんが個人的に意外でした。
にしてもGクラスはサマになりますよね。

ベンツGクラスが登場した映画

Gクラスがオフロードを駆け抜けるシーンとかあったら見てみたいと思いますよね。
オフロードだけではありませんが、登場する映画調べました。

ボーン・スプレマシー

終盤でGクラスを使ったアクションが観れます。

ワイルド・スピード スカイミッション

G63 AMGが護衛用車として使われています。

ワイルド・スピード ユーロミッション

右ハンドルのイギリス仕様と左ハンドルのオープントップが登場します。

ダイ・ハード・ラスト・デイ

前半のアクションシーンでGクラスが登場します。

ダイ・ハード・ラスト・デイではメルセデスベンツが14種類も登場しています。
監督のジョン・ムーアは車好きらしく、車だけで10億円もかけたそうです。Cクラス、Gクラス、Eクラス、GLクラス、ウニモグ、スプリンター、Vito、超高級車マイバッハ57も使用されています。

ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールドではGクラスに加え、なんとG63 AMG 6×6が登場します。
あの6輪のGクラスです。貴重です。

ベンツGクラス

エクスペンダブルズ3

黒幕メル・ギブソンの愛車として登場しています。

scoop

芸能人や有名人のスキャンダルを狙うパパラッチ役として福山雅治さんが乗り回しています。

まとめ

ベンツのGクラスについていろいろ調べてみましたが個人的に今まで以上にGクラスのことが好きになりました。

世界ナンバーワンのSUV。惹かれますね。

愛用する芸能人が多いこともうなずけますね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です