フィリピン・ミンダナオ島マラウィにISが!現在の様子!マウテとは?場所や理由も

フィリピン ミンダナオ島 IS

フィリピン・ミンダナオ島のマラウィ市をIS(イスラム国)が制圧中だとのことです。

現在はどのような状況なのでしょうか?

また、その武装勢力の名を「マウテ」と言うらしいですがマウテについても調べました。

フィリピン・ミンダナオ島マラウィにISが!現在の様子!

日本で報道されないので知りませんでしたねぇ。

知った時はびっくりしました。

5月下旬からISと治安当局(フィリピン軍)による激しい戦闘が続いています。

この戦闘の発端は、数十名のISが刑務所を襲撃し、警備員らを降伏させたことでした。

その後、

警察署を攻撃して武器弾薬を奪い、道路を封鎖し、市内に接近する主要な経路に狙撃手を配置した。

引用:http://jp.reuters.com/article/philippines-militants-battle-idJPKBN1900QY

ミンダナオ島で戦闘が行われている理由
簡単に整理すると以下のようになる。

・元々テロリストが棲みついている場所であった
・東南アジアに拠点を作りたい
・ISが襲撃してきたことが発端

6月10日にシンガポールの軍事専門家はミンダナオ島について、インドネシアにカリフ制を樹立しようとして失敗したテロリストの拠点になっていると指摘していた。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/maute-marawi_n_17108906.html

ミンダナオ島でマウテグループと同盟組織がマラウィ市を占拠したことは、中東で支配地域を失いつつあるISが、東南アジアにおいて拠点を築いており、ここ数年イラクやシリアで見られた残虐な戦術をこの地域に持ち込みつつあることを示す、最大の警告である。

今回の事件は、ISを支持するさまざまなグループ勢力を糾合してマラウィを占拠するという高度な作戦だったという証拠が集まりつつある

引用:http://jp.reuters.com/article/philippines-militants-battle-idJPKBN1900QY

場所
フィリピンの南部です。

これまでの経緯

・5月23日 ISフィリピン支部指導者のハピロン容疑者のアジトに対する、軍の奇襲攻撃が失敗。戦闘に発展。

・5月23日 ドゥテルテ大統領がミンダナオ島に戒厳令

・5月下旬 フィリピン空軍がマラウィ市内の一部を空爆開始

・6月12日 政府は戦闘の期限について言及。しかし、いつになるかは明らかにしなかった。

・6月14日 フィリピン軍報道官が、アメリカ軍がフィリピン軍の支援活動を行っていることが明らかにした。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/maute-marawi_n_17108906.html

現在の状況
数百人が人質として捉えられていて緊迫した状態が続いています。

マラウィ市の人口は約20万人。既に住民の大多数が逃げているものの、数百人が人質として捉えられている。これらの人は、暴力と食料・水不足に直面している状態だ。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/maute-marawi_n_17108906.html

 
追記:6/23

戦闘が始まって23日で1か月となりますが、武装勢力側には、インドネシアなどの周辺国やサウジアラビアなど中東の国々から入り込んだ外国人戦闘員も加わり、住宅街の一部を占拠しながら激しい抵抗を続けています。

軍によりますと、これまでに市民26人を含む360人が死亡し、20万人以上が周辺の町などに避難しているということです。
また、武装勢力が占拠する地区には、数百人の市民が取り残されたままになっているということで、事態の長期化で犠牲者が増えることに懸念が高まっています。

引用:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170622/k10011027291000.html

フィリピン・ミンダナオ島マラウィにISが!マウテとは?

フィリピンスターによると、「マウテ」を創始したのはマラウィ生まれのマウテ兄弟。二人は中東で働いていた際にイスラム神学を学んでおり、残酷なタリバン流の司法制度を強制することで知られている。

引用:http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/15/maute-marawi_n_17108906.html

フループのリーダーが、兄のアブドゥラ・マウテ。

ミンダナオ島では以前より衝突があり去年の「ブティンの闘い」と言われる戦闘で弟のオマールはこの世を去ったと報道されたが生存説もあるとか。

まとめ

以上、フィリピン・ミンダナオ島マラウィ市での戦闘の現在の様子やマウテグループについてでした。

恐ろしい。

現在、ミンダナオ島は渡航中止勧告が出ています。

 
鳥の声。

とりさん1
知らなかったぽう!
とりさん2
恐ろしい状況






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です