コンバースチャックテイラー復刻1970s(CT70)とは?サイズ感や違いは?

コンバース チャックテイラー 復刻 1970s CT70

コンバースのチャックテイラーCT70とはご存知でしょうか?

日本で流通しているものと少し違いますよね。

コンバースチャックテイラーCT70とは何なのか、そのサイズ感や現行のオールスターとの違いを解説します。
made in japanモデル(日本製)との違いもありますよ!

コンバースチャックテイラー復刻1970s(CT70)とは?

コンバースのチャックテイラーCT70とは、1960~70年代に製造されていたチャックテイラーを忠実に再現した復刻版のことです。

このCT70というものがコンバースアメリカの元現在製造されているんですね。

当時のポスターがこちら。

チャックテイラー

コンバースチャックテイラー復刻1970s(CT70)のサイズ感は?

チャックテイラーCT70のサイズ感ですが、現行のオールスターと特に変わりません。

若干先端部分が細いですが(ほんと若干です)、現行のオールスターとサイズは同じで大丈夫でしょう。

「チャックテイラーは長い」という人も見かけますが、見た目で錯覚を起こしてるんだと思います。

測っても長さは変わりません。一緒でした。
made in japanのものでも同じで26.5cm(US8)を履いてますが、チャックテイラーCT70もUS8です。

チャックテイラーCT70のUS8.5も持ってるんですが、長くて歩きにくいです。

コンバースチャックテイラー復刻1970s(CT70)の現行モデルとの違いは?

チャックテイラーCT70と現行のオールスターとの違いはこんなにもあります。

まずは列挙します。

・アウトソールが5mmほど厚い
・インソールが柔らかい
・親指と小指の左右にあて布がある
・シューレースのホール(穴)がツヤツヤキラキラ
・シューレースが綿100%
・ゴムの素材がテカテカで若干黄みがかっている
・つま先が反っている
・つま先部分の三角の面積が小さい
・若干作りがシャープ
・ヒールパッチが黒くデザインが違う
・タンの形、デザインが違う

 

細かく見ていきましょう。

アウトソールが5mmほど厚い

現行のオールスターだと5mmほど厚みに違いがあります。
コンバース チャックテイラー 違い

僕の手持ちはCT70と日本発売のオールスターのメイドインジャパンモデルでして、made in japanモデルと比較してみました。
コンバース チャックテイラー 違い

初めて気づいたんですが笑、made in japanモデルって厚いんですね。
1mmほどしか違いがありませんでした。

インソールが柔らかい

インソールが柔らかいんですよ。

もうこれが個人的に1番グッときたポイントですね。

現行のオールスターにはインソールを入れて何とか履いてきた(下の写真左)自分ですが、チャックテイラーはそのまま平気で履けちゃいます。

コンバース チャックテイラー 違い
実物を触ると驚くと思います笑

これで現行オールスターの「痛い」「疲れる」からおさらばできます。
ナイキの傘下になってからこのインソールが変わりました。ナイキありがとう。

親指と小指の左右にあて布がある

コンバース チャックテイラー 違い

現行にはないステッチがありますよね。

裏からあて布が施されています。
補強されているんですね。

パット見てチャックテイラーだと分かる要素の一つですね。

シューレースのホール(穴)がツヤツヤキラキラ

コンバース チャックテイラー 違いコンバース チャックテイラー 違い
(出典:http://poetalaureado.com/?mode=f2)

上が現行、下がチャックテイラーCT70です。

一目瞭然で違いますよね。

現行ものはマットで安っぽい素材です。
ちなみにmade in jaoan もツヤツヤキラキラでした。意外やびっくり。

でも若干チャックテイラーの方がピカってますね。

シューレースが綿100%

コンバース チャックテイラー 違い
(出典:http://poetalaureado.com/?mode=f2)

左がチャックテイラーCT70、右が現行です。

チャックテイラーは綿100%ですが、現行はポリエステル100%です。

言葉が悪いですが、ポリエステルは見るからにダサいです。。

耐久性を高めるためにポリエステルに変更したようです。
現行を綿100%のシューレースにするだけでもだいぶ変わりますよ。
ちなみにmade in jaoan は綿100%のシューレースです。
そして、若干チャックテイラーより細いですね。(下の写真参照)

ゴムの素材がテカテカで若干黄みがかっている

コンバース チャックテイラー 違い

”復刻”感ありますよね。

ヴィンテージものらしく黄みがかっています。

個人的には真っ白がよかったなって思いましたが、すぐ慣れます。

つま先が反っている

コンバース チャックテイラー 違いコンバース チャックテイラー 違い

ちょっと反ってるんですよね。

つま先が地面につっかかるってことは減りました。笑 僕たまにつっかかるんです。笑

つま先部分の三角の面積が小さい

コンバース チャックテイラー 違い

三角の面積が小さいから見た目がかっこよく見えるんですよね。

なぜ小さく見えるかというと、現行のものより黒のラインが内側に来てるからですね。

ここはすごく良いポイントですね。

現行のものは悪く言うとのっぺりしたように見えます。でもそれがかわいいんですけどね、現行は現行で。

若干作りがシャープ

コンバース チャックテイラー 違い

ほんと若干ですね、靴を裏から見ても若干細いですね。

シャープな印象を与えます。

ヒールパッチが黒くデザインが違う

コンバース チャックテイラー 違い

ここめちゃめちゃ大事なポイントですよね。

なんてったってこの黒パッチがかっこいい。

ここで1番「あ、chuck Taylorだな」って分かるところです。

この黒パッチには二種類あって、通称”三ツ星”と”一ツ星”と呼ばれています。
写真では上が三ツ星、下が一ツ星。

三ツ星がFirst String(ファーストストリング)ラインで、一ツ星がPremium(プレミアム)ライン。

CONVERSE USA が生産数を極端に絞って展開するリミテッドラインなんです。

日本で展開されているaddictシリーズより希少価値が高いと言われています。

で、その両者の違いは、ヒールパッチと箱のデザインの違いだけみたいです。
first stringが赤の箱です。

チャックテイラー 違い
(出典:http://sakush0mylife.hatenablog.com/entry/2016/03/17/051826)

タンの形、デザインが違う

コンバース チャックテイラー 違い
(出典:http://poetalaureado.com/?mode=f2)

チャックテイラーは丸くカッティングされていて、裏に名前を書き込むネームプリントがされています。
そして表にはロゴが縫い付けられていないですね。

まとめ

以上、コンバースチャックテイラーCT70とは何なのか、そのサイズ感や現行のオールスターとの違いについて解説しました。

実物を見てしまうと「なにこれ!全然違うじゃん!」と言ってしまうこと必至です。

気になる方はぜひ手に入れてみましょう。

値段や通販や入手方法については↓の記事内に書いてありますのでよかったら覗いてみて下さい。

コンバースオールスターって痛いし疲れるよね?対策法はこれ!

 
鳥の声。

とりさん1
鳥のおれでも分かるわ チャックかっこいい
とりさん2
なんかムカつく笑






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です