古舘佑太郎のWiki! 映画舞台出演作まとめ!慶応大学を卒業しソロ活動中?

古舘佑太郎

古舘佑太郎さんといえば、古舘伊知郎さんの息子ですよね。

朝ドラの『ひよっこ』の新キャストとして出演するようですね。

この記事では、古舘佑太郎さんのプロフィールと映画や舞台の出演作をまとめました。

古舘佑太郎のWiki プロフィール

名前:古舘佑太郎(ふるたちゆうたろう)
生年月日:1991年4月5日
出身:東京都世田谷区
学歴:慶應義塾大学

慶應義塾高等学校から慶応義塾大学に進学されたようです。

ちなみに父の古舘伊知郎さんは、立教の高校から立教大学へ進学されました。

お父さんとは違いますが、素晴らしい学歴ですね。

ただ、四年生の時に留年しました。単位が足りず半年遅れで卒業したそうです。

2008年に慶應義塾高等学校の同級生とバンド『The SALOVERS(ザ・サラバーズ)』を結成。
メジャーで活動していました。
のち、2015年3月25日に無期限活動休止を発表。

バンドの活動休止後はソロアーティスト、俳優として活動中。

こぼれ話
16歳の時に付き合っていた彼女にフラレてそれまで自信家だった自分の心がズタボロになったそうです。
その気持をぶつけるかのように自分で歌を作ったのですが、それが音楽活動を始めるきっかけになったとか。

古舘佑太郎の映画や舞台の出演作まとめ

映画

日々ロック(2014)
古舘佑太郎 映画
野村周平主演の青春ロックムービー。

本作が俳優デビュー作品です。

アングラフォークバンドのギター&ボーカルの犬飼佑一郎役として出演しました。
古舘佑太郎 映画
古舘佑太郎さんは、元々大の日々ロックファンだったそうで、

「現場の人たちのいろんな動きをみて、裏で演技指導をノリでやってました(笑)。監督にバレてたみたいなんですけど、自分のやりたい放題にできて本当に楽しかったです」
引用:http://www.entameplex.com/archives/16925

と語っています。


笠置ROCK!(2017)
古舘佑太郎 映画
日本初のボルダリングを題材にした映画です。

これのなんと主演を古舘佑太郎さんが演じます。
ヒロイン役は女子高生クライマーで有名になった大場美和さん。

ロック(ROCK)フェスとロック(岩)フェスを間違えてある町に来てしまったようです。

一応バンドマンの設定みたいで音楽は関係しているそうです笑

舞台

blue , blew , bloom(2016)
古舘佑太郎 舞台
俳優、脚本・演出家の濱田真和が2014年に立ち上げたSuperendrollerによる舞台。

Superendrollerによる二作目。こちらの主演を務めました。

内容は、1人のミュージシャンの葛藤と変化を描く物語。

渋谷のVACANTにて全10公演でした。

まとめ

以上、古舘佑太郎さんのプロフィールと映画や舞台の出演作をまとめました。

まだまだこれからって感じですね。

今後ドラマや映画と活躍されることでしょう。

楽しみにしています。

 
鳥の声。

とりさん1
お父さんに似てないよなぁ
とりさん2
だよな






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です