チョレイの意味は韓国/中国語でもない?ちょろい?うるさい不快との声【卓球張本】

チョレイ

卓球選手、張本智和さんが一躍有名になりましたね。

世界卓球で水谷隼選手をやぶりベスト16という結果でした。

そんな張本智和さんの「チョレイ」が話題になっています。

チョレイの意味や由来、うるさいとの声を調べてみました。

チョレイの意味は韓国/中国語でもない?ちょろい?

張本智和さんの母親いわく、「中国語でも日本語でもなく、特に意味はない」とのことでした。

あと「いつか進化するかも」と言っています。
いつか変わる可能性もあるということのよう。

日本人なら、「ちょろいって意味?」と思ってしまう人も少なくないと思いますがそれも関係なかったみたいです。

そしてこういった愛ちゃんで言う「サー」みたいな造語のような掛け声は卓球をやっている人では一般的なことらしいです。

ミヤネ屋に出ていた元卓球選手の福岡春菜さんは、「サイソウ」でしたと言っていました。

チョレイがうるさい不快との声


まとめ

以上、張本智和選手の「チョレイ」について調べました。

チョレイに意味はなく、卓球界ではそういう掛け声は一般的だということ。

ただし張本智和選手に限っては特にうるさく不快感が伴っている。

 
鳥の声。

とりさん2
威勢のいいガキだよな
とりさん1
13歳だからな






2 件のコメント

  • チョレイがうるさいから、日本人だけど、相手側を応援したくなる。
    チョレイに点数を取られなきゃ、聞かなくてすむからね。

    チョレイが引退するまでは、卓球はみないね。

  • TVのマイクで拾ってあのうるささなんですよ
    3mの至近距離で聞かされる相手に同情します
    市民大会でマネしてる馬鹿がいますが皆そっちに注意が行っちゃいます
    ルールブック的にもバッドマナーです

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です