荒牧陽子の24時間テレビ2017出演動画!干された理由は不倫だった?

“ものまね女王”と呼ばれていた荒牧陽子さんが24時間テレビに生出演し、テレビに5年ぶりに登場しました。

「相変わらずめちゃくちゃうまい」と評判でした。

ここでは、その24時間テレビ出演動画と芸能界から干された理由をまとめました。

「スタードラフト会議」でのテレビ初出演の動画もあります。

荒牧陽子の24時間テレビ出演動画! 新ネタ有り

荒牧陽子の24時間テレビ内の「今夜限り!生しゃべくりでタレコミ続出!その真相を初告白007」に出演しました。

テレビに5年ぶりに復活し新ネタも披露しました。

(動画が削除される可能性があるので予備に動画を載せています)

 
メドレー内容

  1. 浜崎あゆみ 「M」
  2. 加藤ミリヤ「どこまでも」
  3. 坂本冬美「夜桜お七」
  4. chay「あなたに恋をしてみました」(新ネタ)
  5. レディー・ガガ「POKER FACE」

 

2014年の24時間テレビにも出演していました。

メドレー内容

  1. 大黒摩季「ら・ら・ら」
  2. 岩崎宏美「聖母たちのララバイ」
  3. 美空ひばり「真っ赤な太陽」
  4. 八神純子「みずいろの雨」
  5. MISIA「EVERYTHING」

おまけ 荒牧陽子の衝撃の初登場 「スタードラフト会議 2011年07月19日」

荒牧陽子が干された理由は不倫だった?

今年の24時間テレビでは、この5年間表舞台に姿を現さなかった理由について

「のどが潰れて静養していたことと、作曲やショーをやっていた」

と語りました。 

 

2017年8月6日の24時間テレビの事前番組では、

「ストレスで声が出なくなったため」

と語っていました。

 

ともにのどの不調で休止していたと発言しています。
 

が、荒牧陽子さんは2012年6月に不倫をしたとして訴えられています。

 

女性自身が「テレビから消えたホントの理由」として報道しました。

荒牧陽子 不倫 干された理由 

http://twitter-trend-blog.com/wp-content/uploads/2013/11/IMG_20131112_0002.jpg

 
登場人物は以下。

  • 荒牧陽子さん
  • A氏
  • A子

 
現在の荒牧陽子さんの結婚相手は、荒牧さんが出演したこともあるバラエティ番組の元プロデューサー・A氏です。

 
そして、なにがあったのかというと、
時系列で見ると分かりやすいです。

2011年7月、荒牧陽子が「スター☆ドラフト会議」出演しテレビデビュー
2011年8月、A氏とB子結婚
2011年12月、A氏と荒牧陽子が不倫
2012年2月、B子が長男出産
2012年2月17日、A氏、荒牧陽子それぞれが北海道にいることをツイート
2012年3月、B子がA氏に不倫を問いただし別居
2012年5月、A氏とB子が離婚
2012年11月、荒牧陽子が芸能活動休止宣言

2013年5月、荒牧陽子とA氏が結婚
2013年6月、B子がA氏と荒牧陽子に6000万の損害賠償を請求
2014年7月、B子にA氏と荒牧陽子は300万円の慰謝料支払い命令

 

B子は長男を出産するために入院、そして退院して自宅に帰ったら自分のものではないつけまつ毛を発見したそうです。

そして、B子がA氏の携帯をチェックすると荒牧陽子さんとA氏がやりとりするメールが出てきました。

今日はありがとう。
でももう少しだけ一緒にいたかったな。
火曜戻りです。
さすがに奥さん帰ってきますよね。
最悪、ホテルに泊まります。

また、荒牧陽子さんはA氏のことをダーリンと呼んでいたそうです。

 

上記の北海道ツイートは現在ありませんでしたが参考のツイートとして。

 

テレビ局関係者はこのように発言していました。

「その原因が、A氏と荒牧さんの不倫だったんです。昨年いっぱいでの休業を発表したのも、A氏との不倫をめぐるゴタゴタが大きく影響していたんです」(テレビ局関係者)

引用:女性自身

 

荒牧陽子さんは2014年頃には、芸能活動休止について

「裁判とは関係ない。本当は自分の曲を歌いたいもののものまねばかり要求されるので精神的に参ってしまったから。」

と語っていました。

 

そして女性自身が2016年2月19日に再度直撃しています。

―― 13年から突如、芸能活動を休止していましたが?
「あれは本当に裁判とは関係ないです! ものまねで売れまくってしまったんですけど、私は自分の曲を歌いたくて  。その整理がつかなくて精神的に参ってしまって」
 
――B子さんは「A氏からも荒牧さんからも謝罪がない」と話していましたが?
「その件に関しては、本当にご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした! この気持ちが記事を通して、少しでも伝われば、と思います」

引用:https://news.infoseek.co.jp/article/joseijishin_d23116/

 

裁判では負け、不倫していたのは事実。

そのストレスも声の不調に影響していたのか。

 

休止していた理由について、荒牧陽子さんは色々と発言していますが不倫の件とは関係が無いとしています。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です