斎藤工と松田聖子の共演画像!ラーメンテーのあらすじとキャスト

シンガポールのエリック・クー監督作品、映画「ラーメン・テー(ramen teh)にて斎藤工さんと松田聖子さんが共演されています。

松田聖子さんはコンサートが終わった直後にシンガポールに飛び立ったと噂になりましたが、この映画の撮影のためでした。

まだ映画の情報は少ないですが、2人の共演カットとあらすじ、キャストについてまとめました。

斎藤工 プロフィール

名前:斎藤工(さいとうたくみ)

 

本名:齊藤工
生年月日:1981年8月22日(35歳)
出生地:東京都港区
身長:184 cm
血液型:A型
学歴:日本学園高等学校卒業

 
高校生の頃からモデル活動をしていた。

高校卒業後から演技の世界に挑戦。

伊藤正次演劇研究所にて演劇を学んだりし、『時の香り〜リメンバー·ミー』で俳優デビュー。

松田聖子 プロフィール

 
名前:松田聖子(まつだせいこ)
本名:蒲池法子(かまちのりこ)
生年月日:1962年3月10日(55歳)
出身地:福岡県久留米市荒木町
身長:160cm
体重:42kg
血液型:A型
学歴:堀越高等学校卒業

 

1980年に、「裸足の季節」でレコードデビュー。

ヒット曲を連発し、「永遠のアイドル」と言われています。

斎藤工と松田聖子の共演画像

出典:http://www.mangosteen.com.sg/whatsnew/event/kiji19649/

 

斎藤工さんは初対面の時に圧倒されたようです。

現地の取材に対し、

 
「会った瞬間、心臓が止まるかと思った」

 
とコメントしたとか。

ラーメン・テーのあらすじ

出典:http://www.mangosteen.com.sg/whatsnew/event/kiji19649/

高崎市とシンガポールを舞台に家族の絆を描く映画「ラーメン・テー(ramen teh)」。

斎藤工さん扮する主人公マコトは、シンガポール人の母と日本人の父を持つラーメン職人。

高崎でラーメン屋を営むマコトが幼き頃に亡くした母のルーツを尋ねる。

そこでシンガポールのソウルフード・バクテーに出会った彼が、ラーメンとパクテーを組み合わせたオリジナル料理「ラーメン・テー」を家族の絆で作り上げるストーリー。

 

松田聖子さん演じる役柄はまだ公表されていませんが、芸能関係者はこういっていました。

主人公の工さんともっとも共演シーンが多いのが、聖子さん。主人公は聖子さん演じる女性と現地で知り合い、一緒にさまざまな料理を食べ歩きながら、亡き母の思い出を探します。とても重要な役柄です
引用:https://jisin.jp/serial/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1/29861

ラーメン・テーのキャスト

ラーメン・テーのキャストは以下の方々です。

・斎藤工さん
・松田聖子さん
・シンガポールの人気女優のジャネット・アウさん
・シンガポール人コメディアンのマーク・リーさん
・伊原剛志さん
・別所哲也さん

など豪華俳優陣が出演します。

 

エリック・クー監督と女優のジャネット・アウさんがコメント&インタビューされています。

まだ予告編も公開されていないので数少ないインタビュー動画になっています。

 
クー監督は、シンガポールの映画界をけん引する存在として知られています。

市役所に富岡賢治市長を表敬訪問した際に「(日本での映画撮影は)前から夢だった」と語りました。

映画公開が楽しみです。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です