KARDが出演し差別を受けたブラジルTV番組の動画!司会者は?

韓国の音楽グループ、KARDがブラジルのテレビ番組「Turma Do Vovo Raul」に出演した時に人種差別な発言をされたとニュースになっています。

その時の動画と差別発言をした司会者についてまとめました。

KARD プロフィール

出典:https://www.pinterest.jp/pin/651755377293416063/

グループ名:K.A.R.D
事務所:DSP
メンバー:写真左から
BM
チョン・ソミン
チョン・ジウ
ジョイセフ

 

珍しい男女混成のグループ。

2016年12月12日にデジタルシングル「Oh NaNa」でデビュー。

2017年7月19日にデビューアルバム「Hola Hola」を発売。

このデビューアルバム「Hola Hola」収録楽曲が、デビュー半日で32か国のチャートにランクインという異例なスタートを切っている。

 

差別発言の概要

問題になった番組での流れはこのようになっています。

・司会者が「この中にメンバー同士で付き合っている人はいる?」、「恋人がいるメンバーはいる?」などとしつこく質問
・メンバーらが「そういうことは全くない」、「恋人はいない」と答えると、客席のファンから歓声が上がる
・客席のファンに対し「KARDのメンバーと結婚する気なのか?君たちも目が細くなってしまうぞ」と言って両手で目尻を引っ張るジェスチャーをした

KARD出演動画

問題になったKARDが出演した時の動画がこちら。

 
問題の会話は9分辺りからです。

 

見たところ通訳の人は問題の箇所はKARDの4人には伝えていませんね。

この通訳の人は嫌な思いをしただろうと思います。

映像を見た感じ、一瞬耳を疑ったかのようにも見えます。

 

この件に対し、韓国のネットユーザーからは驚きや怒りの声が寄せられる事態になってしまいました。

差別発言をした司会者

差別発言をした司会者は以下の人物でした。

出典:https://en.wikipedia.org/wiki/Raul_Gil

名前:Raul Gil(ラウル・ギル)
生年月日:1938年1月27日
出身:ブラジル・サンパウロ

スペイン人移民の息子。

ブラジルで最も有名なテレビプレゼンターであり歌手。

50年以上のキャリアを持つ。

 

 

大物な方のようですが、発言が軽率だったと思います。

言葉が通じないから言っちゃったのでしょうか。。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です