湧き水にピロリ菌はいる?飲めるの?賞味期限と保存についても

湧き水

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)って聞いたことありませんか?

正直詳しくは知らないのですが、胃の中に生息していて、悪さをする菌としかわからない方も、多いと思います。

ちょっとネットでみて見たんですが、一度感染してしまうと、除菌しない限り、ずっと棲み続けて、胃炎や胃潰瘍など胃の病気を引き起こす原因になる菌のようです。

しかしピロリ菌に感染すると、自覚症状が出ないのですが、胃の炎症を引き起こすらしいのです。

かなり厄介な菌ですよね。

 
そんなピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)について、見てみたいと思います。

湧き水にピロリ菌はいる?

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)がいる可能性は高いみたいです。

ですがすべての湧き水が、そうだとも言えないようです。

そして、湧き水の出ている環境によっても、ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)だけではなく、動物や虫などの細菌も潜んでいる可能性もあるので、注意が必要です。

湧き水は飲めるの?

湧き水を飲んだ方が、すべてピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)
に感染するようではないようです。

何もなく美味しく湧き水を飲むことができる方も、いると思います。

ですが、胃腸の弱い方や、細菌に影響されやすい方は、湧き水を飲んで、お腹を壊すこともあります。

なので、胃腸の弱い方や、最近に影響されやすい方でも、おいしく湧き水を飲もうと思われるなら、一度湧き水を加熱するといいんだそうです。

ピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)や、そのほかの細菌は加熱に弱いので、お腹のことを考えるなら、一度加熱してから飲んでください。

 
しかし、湧き水ってその場で冷たいものを飲むから、おいしいと感じるのかもしれないですけどね!

湧き水の賞味期限と保存について

賞味期限は、その日のみと言われる方、1週間大丈夫!、一か月は大丈夫!と言われる方がいて、正確なことは正直わからなかったです。

あと、保存方法もみなさんまちまちで、常温保存だったり、加熱処理している方、とこれもまたまちまちです。

ただ安全に湧き水を飲もうと思うのなら、一度加熱したほうが、安全かもしれないです。

細菌やピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)は、加熱に弱いようなので、加熱することによって、減るのではないでしょうか?

もし、それってちょっと面倒!って思われる方は、細菌が入らない環境で保存できるのであれば、長期保存も可能なようです。

 
でも、やっぱり湧き水は冷たいものが、おいしいですよね!

まとめ

今までのことをまとめてみると、湧き水にはピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)は、潜んでいる可能性が高い、そしてピロリ菌(ヘリコバクターピロリ)の細菌もいる可能性もあるということのようです。

湧き水は飲めるかということも、飲めないわけではないけど、、など、完全にOKとまではいかないですね。

保存方法は、人によって考え方がまちまちなので、なんとも言ええないんです。

もしどうしても飲みたいのであれば、一度加熱することをお薦めします。

 
美味しい湧き水を安心して飲みましょう!






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です