ハサミが切れない?アルミホイルで切れ味回復!研ぎ方や手入れも

ハサミ

「ハサミが切れなくなった!」

使おうと思ったらこんなことありますよね。

でも、大丈夫です。
身近な物ですぐに切れ味は回復できます。

この記事では、アルミホイルでの切れ味回復法と刃の研ぎ方や手入れについても説明します。

ハサミが切れない?原因は?

はさみが切れなくなる原因は2つあります。

1 刃に小さな傷や変形
2 汚れの付着(テープの粘着や油など)

まずはこの2点をチェックしてみましょう。

ハサミが切れない?アルミホイルで切れ味回復!

ハサミ アルミホイル
刃に小さな傷や変形がある場合はこちら。

アルミホイルを使った切れ味の回復法を紹介します。

 
用意するものはアルミホイルのみ。

やり方は、アルミホイルを5枚ほど重ねて何度か切るだけ。

 
アルミホイルを切るとはさみの切れ味が回復する理由は?

→刃に構成刃先という現象が起こるから。

構成刃先とは、刃を削った時に刃先を保護するかのように切り屑が固着してくること。

 
アルミは柔らかい金属で、かつ融点が低い為はさみで切るだけで溶けるそうです。

なんとも不思議な現象ですね。

それにしても切るだけなので非常に簡単。
これで切れ味が復活しますよ!

ハサミの研ぎ方

ハサミの研ぎ方もご紹介します。

鋏の真ん中の留め具がネジのものは分離することができるので自分で研ぐことが出来ます。

まずはハサミの刃を分離します。

刃の重なり合う面ではなく外側の面を研ぎます。
内側の面を研いでしまうと隙間ができて全く切れなくなってしまいます!

刀は斜めになっていますのでこの斜めの面にピッタリ合うように砥石を当てて研いで下さい。

 
素人が刃を研ぐというのはなかなか難しいもの。

刃を入れて前後するだけという研ぎ器があります。

汚れを落として切れ味を回復!

汚れがついているだけの場合は、これらの方法で切れ味を復活させましょう。

消毒ウェットティッシュ

消毒ウェットティッシュのアルコールで拭き取ると綺麗に汚れが取れます。

ガムテープ

刃についている粘着物より強力な粘着力を持つものだと取ることができます。

ハンドクリーム

粘着物の上にハンドクリームをつけて何度かチョキチョキ切ります。
そしてクリームを拭き取ると切れ味が回復します。

ハサミの手入れ

ハサミを長持ちさせるための基本は、どんなはさみでもこの2つが中心です。

1 汚れを落としミシン油などをつける
2 湿気のない場所に保管する

美容師さんのハサミの手入れはこちら
美容師必見ハサミの手入れ方法

まとめ

以上、ハサミのアルミホイルでの切れ味回復法と刃の研ぎ方や手入れについて説明しました。

身近な物で出来、簡単ですので是非トライしてみて下さい。

作業をする際はくれぐれも刃物の取扱いには細心の注意を払って下さい。
また、お子様の手の届かない場所に保管して下さいね。

 
鳥の声。

とりさん1
おれのくちばしも研がなきゃ
とりさん2
お前はボロボロがお似合いだよ
とりさん1
聞こえない






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です